男性にもアンチエイジングは必要です|エディケアで老化対策

婦人

更年期は漢方で症状改善

漢方

閉経前後の女性には、更年期障害を発症する人が多いものです。閉経によって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンが減少することで起こる現象で、体に様々な不快症状が現れます。病院で診察を受けるほどではないけど、なんとなく体の不調を感じる。そんな状態が続くと、体だけではなく心まで不調に陥ってしまいます。薬を服用するほどではない不快症状は、簡保薬で改善しましょう。
漢方では、気・血・水という三つの観点から体の不調の原因を解明し、改善するという考え方をします。更年期障害は、気と血の二つの観点から改善することが可能です。気の流れを良くすることで動悸や頭痛を抑え、血の量を増やすことで睡眠障害や気力の低下を抑えます。更年期障害の恐ろしいところは、不快な症状を引き起こすだけでなく、放置しておけば複数の病気を発症し、やがて重大な病気に繋がる可能性があるという点です。少しでも体に不調を感じたら、すぐにケアを始めましょう。
どんな漢方薬も、服用する際には水か白湯で飲みましょう。食後に服用する薬とは違い、食前や食間に服用することで効果が高まる場合もあるので、漢方薬を服用する前に適切なタイミングを調べておきましょう。更年期障害に効果がある漢方は、病院で処方してもらうこともできますし、最近は更年期障害に効果があるサプリとして身近なところで販売されています。病院で処方される薬よりも効果は弱いですが、その分副作用が出る可能性は低く、安全に服用することができます。